底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

しゃちく川柳

世の中のレールを抜けることは悪いことではないと思う

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

人生は一度終わってから花開く・・・ような気がする

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

上役に ハンコをもらう 面倒さ

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ゴミの日を忘れる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

秋になり クーラーたちは ひとやすみ

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

挫折しても腐らない心が大切

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ゴキブリを 素手で片付け ほめられず

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

人間社会はギブ&テイクが大切~新入社員も他人に与えられる何かを持つべき

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

やる気を見せても損しかしない社会は衰退する気がする

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

家族の愛は心の栄養ドリンク

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

社員に昼飯を急いで食べさせる会社は、社員の健康を尊重しているのか疑問

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

しゃちく川柳【生きるのは 苦痛にたえる ことなのよ】

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

( ´・ω・` )「ぜんぜん食べてないのに、太るんだけど、どゆこと?」

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

物を食べるということは、食べ物がのどに詰まるというリスクを背負っている

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

【しゃちく川柳】新人に なめられまくり 腹が立つ

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

地震には日ごろの備えが大切だと思います

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

デブだからいっぱい食べると思われるのが嫌すぎる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

若手を素直に応援できない社員が多い会社は長くないと思う

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

飲み会で吐くまで酒を飲む人は信用できない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

天ぷらにしたら、だいたいのものは美味しくなる不思議

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

マヨネーズを飲む人がいる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

【しゃちく川柳】ムキムキに なればモテると 勘違い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

【しゃちく川柳】オニギリを 食べるヒマすら もらえない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

【しゃちく川柳】げり便が 止まらないよ!と むせび泣き

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

【しゃちく川柳】増えるのは 薬の数と 時間外

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ミスをして 上役たちに ボコられる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

人生を 仕事にささげ 何も無い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

先輩の 指導に愛を 感じない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

飲み会で 叱責されて 泣く小デブ

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

台風で きうり全滅 地獄かな

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)