読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

授業中に押し入ってきた暴漢を撃退する夢を良く見る

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 日曜日の今日は悪夢シリーズのつづきを書いていきたいと思います。 過去の悪夢シリーズ easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp

一度やってみたい食べ方~ポテトシェイク大盛~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 一度、やってみたいことがあります。 ポテトシェイクと言う言葉があるように、アツアツのポテトを、シェイクに浸して食べるのは、とても美味しいです。 プリズン・ブレイクでベリックさんがやっていましたね。 プリズン・ブ…

動物はエサをくれる人を嫌いにはならない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 家の近所に、ヤギを飼っている家があります。 たまに遠くから見ています。 世話をしているお爺さんに懐いているのが、良くわかります。 お爺さんに懐いている様子は、イヌと変わりません。

深夜に台所で遭遇したら嫌なヤツ・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は深夜の侵入者シリーズのつづきを書いていきたいと思います。 前回は台所にナメクジくんが侵入しているという話しでした。 easylife.hateblo.jp

家の中に出没する虫に名前を付け始めた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は社蓄くんの家に居候している、愉快な仲間たちをご紹介したいと思います。

会社の二次会は地獄!スナックで無理やりカラオケを唄わされて罵られる(´;д;`)

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 会社の飲み会、一次会はまあ良いですが、二次会まで強制参加だと、ちょっと辛く感じる人もいるのではないかと思います。 特に若い人や新入社員は、一次会だけでも、気を使いすぎてヘトヘトになっているのではないかと思いま…

不器用な人間は何しても不器用になる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 嫌なことは連続しますよね。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中で乗る車はブレーキの効きが甘すぎる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日も夢で見たことをマンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

動物の餌になりたい

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、動物の餌になることについて書き留めたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

客引きのオッチャンにすらスルーされる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 客引きをウットウシイと思う人もいるのではないかと思います。 ただ、社蓄くんの場合、10代後半を最後に、客引きにスルーされるようになりました。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中で出てくるトイレは蓋が開かない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、良く見る悪夢をマンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

花粉症が無ければ春を好きになれるんですが…

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 花粉症の季節がやってきましたね。 (※このマンガはフィクションです)

チンパンジーに唾を吐きかけられた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 憂鬱な日曜日を吹き飛ばすには動物ネタが良いのではないかとおもいまして、今日は動物園でチンパンジーと遊んだ思い出を書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

宝くじを買わないと不安になる人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄の唯一の希望の星、宝くじは毎週欠かさず購入しています。 (※このマンガはフィクションと思われます)

釣った魚をウミネコに食べられる人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、ウミネコについて書いていきたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

スキーでは滑り出したら止まらないので、わざと転んで止まる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 高校のときの修学旅行先は北海道でした。 そのときに、人生で始めてスキーを体験しました。 (※このマンガはフィクションです)

宇宙人に連れ去られてイタズラされたい社蓄②

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は前回の続きを書いていきたいと思います。 easylife.hateblo.jp 宇宙人に連れ去られた社蓄の運命やいかに!? (※このマンガはフィクションです)

宇宙人に連れ去られてイタズラされたい社蓄①

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 果たして宇宙人は存在するのでしょうか? つづきます (※このマンガはフィクションです)

教習所は社会でのストレス対応力を試す場所

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 教習所はとてもストレスがかかる場所だと思います。 自動車という、自分にとっては未知のマシンを操縦するテクニックを身につけないといけませんから。 また、教習所の教官というのは、いろいろな人がいますので、非常に面倒…

天網恢恢疎にして漏らさず…悪いことをしていたらバレます

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は社蓄くんが好きな言葉をご紹介したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

痴漢に間違われたらと思うと怖くて東京の電車に乗れない②

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は昨日の続きを書いていきます。 easylife.hateblo.jp 痴漢に間違われた社蓄くん、その運命やいかに! (※このマンガはフィクションです)

痴漢に間違われたらと思うと怖くて東京の電車に乗れない①

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 東京の朝の電車は、すごく混雑していますよね。 乗客同士が密着していますので、痴漢に間違われたらどうしようと、不安を感じてしまいます。 (※このマンガはフィクションです)

道を聞かれて満足に答えられなかったときの後味の悪さ

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは、良く道を聞かれます。 ただ、コミュニケーション能力がとても低いので、満足に道を教えてあげられなかったことも多々あります。 そのときは、自分の無能さを痛感しますし、怒りと悲しみが頭の中でダンスを踊り始…

学校などに良く置いてある水を飲む機械の思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、学校などに良くおいてある、水を飲むための機械を思い出したので、書き残したいと思います。 外見は長方形の箱型で、足でペダルのようなものを踏むと、上の部分から冷たい水が噴出してくる機械です。 ウォータークー…

上司は優しい人がいいです。すぐに怒る上司は嫌いです。

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 『怖いけど優しい上司』と『優しいけど怖い上司』はどちらが良いでしょうか? 個人的には、 どっちも嫌です。 (※このマンガはフィクションです)

PPロープって便利ですよね

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 PPロープというのをご存知でしょうか? 古新聞や雑誌をしばるときに使う、白いビニールロープのことです。 会社に入る前は、このアイテムは、いらなくなった新聞や雑誌をしばるためのものというだけの存在価値しかないもの…

マヨネーズを発明した人は凄い・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 私はマヨネーズが大好きです。 毎日のようにマヨネーズを食べています。 子供の頃からマヨネーズが大好きです。 私の人生はマヨネーズと共にあります。 さて、今回は私が独断と偏見で選んだ、マヨネーズに合う食べ物ベスト5…

筋トレは腕立てだけで生きてきた件

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは思春期の頃、筋肉を鍛えていました。 なぜかというと、 と思っていたからです。

人に会わない深夜散歩は精神衛生的に良いと思う

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は深夜徘徊の魅力を書きたいと思います。 深夜徘徊というよりも、深夜散歩と書いたほうが良いかもしれませんね。 単純に、夜散歩をするというだけなのですが、なかなか面白いです。 1.人とエンカウントする確率が低い…

totoBIGが当選してほしい

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんの幼稚園のころの夢は、『ケーキ屋さん』でした。 (※社蓄くんはオスです) それから色々と変化し、今の将来の夢は、『totoBIGで高額当選』です。 社蓄くんが、この地獄の釜の底から這い上がるには、これぐらいしかな…

バレンタインデーが平日にあると面倒に感じる人もいるのではないでしょうか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

年金は75歳からという地獄は来ないでほしい

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 もし、年金が貰える年齢が引き上げられて、75歳になったらどうなるでしょうか? 企業で重役をしていたような人は別として、普通の人なら、60歳の時点でも何千万円も貯金がある人は少ないと思います。 つまり、75歳から年金が…

電車で寝言を言ってしまう恐怖

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです) 電車でつい寝てしまった、なんてことはありませんでしょうか? 短い距離の移動ならまだしも、電車で長距離移動にもなると、どうしても眠くなってしまいますよね。 ただ、電車は公共のスペ…

Tシャツがすぐに黄色くなる件について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 Yシャツや肌着は、買ったときは真っ白ですよね。 ただ、不思議なことに、社蓄くんが着ていると、だんだんと黄色くなっていくのです。 世にも不思議な出来事ですよね。 社蓄くんの身体から、黄色い絵の具が分泌されているので…

授業中にお腹が鳴って恥ずかしかった思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は学生時代、授業中にお腹がグゥグゥなり始めて、恥ずかしかった思い出を書き残したいと思います。 授業中や会議中、試験中に腹が鳴り始める恐怖体験 腹鳴恐怖症という状態かもしれない 1.朝に便を排泄する習慣をつけ…

サラリーマンにとっての印鑑の魅力とは?

どうも、社蓄くんです。 今日は印鑑の魅力についてご紹介したいと思います。 日本のサラリーマンにとっては印鑑は必須アイテムですよね。 印鑑がいらない会社もあるとは思いますが、現状、ほとんどの会社で業務で使われているのではないでしょうか。 日本社…

ネットの恐怖・・・監視社会に人権はあるのでしょうか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日も四コマ漫画を書いて見ました。 (※このマンガはフィクションです)

四コマ漫画にある不自由さと無限の自由について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は四コマ漫画を書いて見ました。 (※このマンガはフィクションです)

精神疾患での病気休職中にしたいこと、するべきこと

どうも、社蓄くんです。 今日は、精神疾患での病気休職中に何をするべきか、何をしたいのか、について書き残したいと思います。 私は精神疾患での病気休職の経験がありますので、そのときの体験をもとにしています。 人によってそれぞれであると思いますので…

小学校時代に同級生に階段から突き落とされた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は小学校で同級生に階段から突き落とされた思い出を書き留めたいと思います。 とてもブラックな思い出です。 仲の良い同級生の突然の凶行 数日後、驚きの展開が 子供は何をするか子供でも予想できない存在 仲の良い同級…

母の作る料理はいつも煮物だった

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 私の母はいつも煮物を作っていました。 「マッマ、今日の晩ゴハンはなんだい?」 「煮物よ」 毎日、このような会話が繰り広げられていました。 母の作る煮物は、とても味が薄く、シャバシャバしていました。 また、卵が人数…

学生時代にバレンタインチョコを貰ったのは一度だけの人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろバレンタインですよね。 思春期のころは、この季節は、ドギマギしていたものです。 しかしながら、今は将来に対する希望も夢も無く、絶望しかない、世紀末世界に生き残った人類のような顔をしながら生活をしています…

教習所の怖い思い出~怒鳴る教官と逆ギレする生徒~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろ、教習所が混み始める時期ですね。 大学受験が終わった学生たちが、大学に入学する前に車の免許を取ろうと、必死になって教習所に通い始める季節です。 私も、センター試験が終わって、大学の合否が出てすぐに、近所…

都会で暮らすメリットと田舎で暮らすメリット

どうも、社蓄くんです。 今日は都会と田舎、どっちで暮らすべきか、という、とてもありきたりなテーマの記事を書いてみたいと思います。 私は地方都市に住んでいます。 実家の近所は田園風景が広がっていて、世間一般の田舎のようなイメージです。 ただ、社…

会社の飲み会でお酒をできるだけ飲まないで済むテクニックについて

どうも、社蓄くんです。 今日は急性アルコール中毒の恐怖について、書き残したいと思います。 春になると、会社では新入社員が入ってきたり、人事異動で職場から出て行く人や、入ってくる人がいて、職場の顔ぶれがフレッシュになる時期ですね。 そのため、歓…

結婚しないで生きることは半人前なのだろうか

どうも、社蓄くんです。 結婚しないと一人前になれない。 こういうことを言う人がたまにいらっしゃいます。 実際にそうなのでしょうか? というよりも、そもそも『一人前』というのはどういう意味なのでしょうか? 我々が日常生活で、『一人前』という単語を…

悩みや不安感は紙に書くと解消することもできる

どうも、社蓄くんです。 今日は、悩みや不安感でどうしようもなくなったときに、社蓄くんが実践している方法をご紹介したいと思います。 悩みや不安感が原因で、夜に眠れなかったりなどの睡眠障害や、うつ状態に陥ったりすることもありますので、悩みや不安…

子供に異常に嫌われる人の特徴とは!?

どうも、社蓄くんです。 社蓄くんは、子供に異常に嫌われます。 子供たちは、社蓄くんを見ると、まるでモンスターに出会ったかのような反応をしてきます。 なぜ、彼らはこのような反応をするのでしょうか? その理由について、考えみたいと思います。

社用車の運転中に助手席の上司が怒鳴ってくる場合にどうするか?

どうも、社蓄くんです。 今日は、社用車の運転中に助手席の上司が怒鳴ってくる場合にどうするか、検討したいと思います。 もうそろそろしたら春ですね。 春といえば、新入社員が入社する時期です。 業務で社有車を運転しないといけない会社もありますよね。 …

高校のときに他校のヤンキーに絡まれた思い出

どうも、社蓄くんです。 今日は、高校生のときに、ヤンキーに絡まれた思い出を書き残したいと思います。 社蓄くんは、ヤンキーに絡まれると、小便が漏れそうになります。 以下の記事には、そのような描写がありますので、苦手な方、食事中の方は閲覧に注意を…