底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

人生

田舎生活に憧れる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

くしゃみ鼻水に苦しむ社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

身近な癒し動物、アマガエルと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

トイレに行くのも面倒になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ウナギと社蓄~土用の丑の日~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

レシートを保存する社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ダイエットのために水をガブ飲みして空腹を紛らわせる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 暑い日が続きますね! 暑い日には水分補給が大切です! (※このマンガはフィクションです)

野菜を育てる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

炊きたてゴハンにしょうゆをかけるだけで幸せ

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

暑さに屈する社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

ハチが寄ってくる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

この世の終わりのような悪臭を放つ枕で寝る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

緑色のイヌと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

空腹を水でまぎらわせる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ハチに嫌われるにはどうすればいいか?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社の昼休みに運動をする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

中学生のときの恥ずかしい思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

虫が入ってくるので窓を開けられない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

あげパンの思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

地震の前に目が覚める社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

間違ったときの周りの雰囲気が冷たい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

巻き寿司にマヨネーズをかけまくる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

月曜日に頭が割れそうに痛い社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

登山で虫にたかられる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

暑すぎて水をかぶる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

深夜に取り返しがつかないと咽び泣く社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

新入社員研修で大声を出させる会社

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

枝豆は皿に出してから食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

仕事でミスをして日本語が不自由になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

社員を消耗品のように扱う会社

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

梅雨が本気を出し始めた

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

採血を失敗される社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

うどんをほとんど噛まずに食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

スイカの種は出さない社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

いつも左向きで寝る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、寝るときの体勢について、書きたいと思います。 寝るときは、左を向いています。 子供のときは、常に仰向けで寝ていましたが、オッサンになってからは、仰向けよりも、横に向いて寝るほうが楽になりました。

柴犬のかわいさは異常~不安を取り除く方法について~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

授業中にお腹が鳴っても恥かしいことはない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

食べ放題で必死になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 食べ放題に行くと、元を取ろうと必死で食べてしまいます。 (※このマンガはフィクションです)

仕事のメールを返さない人

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

職場でクラッシャーと呼ばれる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 職場でクラッシャーと呼ばれている人がいます。 (※このマンガはフィクションです)

外で漏らす社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

思い出したように急に寒くなるという自然の罠

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

満月を見るとソワソワする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

跳び箱が飛べずに逆ギレする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

蝋燭の火が消える瞬間

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 蝋燭を眺めていると気分が落ち着きます。 (※このマンガはフィクションです)

うちわだけで夏を乗り切ることが出来るのか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

祖父との思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は祖父との思い出を記したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

この世に爪痕を残していく社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 ベッドのシーツの下のほう(足元付近)が、ボロボロになっています。 (※このマンガはフィクションです)

便座の重要性について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

何歳になっても幽霊は怖い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 オッサンになっても、ホラー番組を見ると、夜中にトイレに行けなくなります。 (※このマンガはフィクションです)