底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

人生

日本人と共に何千年も生きてきたあの動物について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 GWも本格的に始まりましたね。 今日はナマズの一生について書きたいと思います。 ナマズはとても面白い動物です。 日本に古来から生息している魚で、日本神話にも出てくることから、日本人ととても関係の深い動物です。 都…

ピアノを習っていたら良かったと思うとき~思春期の記憶~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 ピアノが弾けたら良かったのになあ、と思うことが、学生時代にはありました。 中学校の合唱コンクールの練習などで、ピアノを弾ける同級生には、憧れたものです。 ピアノを弾けるだけで、とても特別な存在に思えたものです。…

社蓄の耳の中は今日も湿っている

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 過去の記事でも書きましたが、社蓄くんは寝るときにいつも耳栓をしています。 耳栓をして寝ると、とても快適に寝ることが出来ます。 世の中には雑音があふれかえっていますので、それらを出来る限りシャットアウトしてくれる…

ネチネチと指導をして部下に精神的苦痛を与える上司への対応策

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 会社でとんでもなく怒られることってありますよね。 理不尽な理由で怒られることもしょっちゅうですし、一度怒り始めると、ネチネチとしつこい上司も存在すると思います。 仕事のミスを指摘することはもちろん必要ですが、必…

GW明けの地獄~次の祝日はなんと海の日(´゚ω゚`)

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日からGWですね! 9連休、という人も多いのではないでしょうか!? (※このマンガはフィクションです)

結婚しなければ将来孤独死なのだろうか!?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 明日からGWですね! 実家に帰省したり、旅行に行ったりと、GWの過ごし方は様々ですね。 社蓄くんは、実家で両親と暮らしているので、帰省したりはしませんが(両親に寄生はしていますが・・・)、家庭内で圧力を感じるとき…

糸ようじでいつまでも健康な歯を保ちたい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 虫歯予防には歯ブラシだけではなく、糸ようじも有効ですよね。

職場で蛍光灯を換えるときに命の危険を感じる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 会社で雑用を押し付けられることはありませんか? 社蓄くんは、会社に入りたてのころから今に至るまで、いろいろと雑用を押し付けられます 任せてもらえます! 雑用でも、仕事を任せられるというのは、信頼されている証では…

会社で集める結婚祝い金は年収に応じて額を変えてほしい

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 職場で結婚する人が出たら、結婚祝いを集めますよね。 会社によって、金額はいろいろだと思います。 高いところでは、1人3万円ぐらい集めているところもあるらしいのですが、社蓄くんの会社ではそこまで高くはありません。…

子供の頃に親切にされた記憶は何十年も覚えている

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は昔話をしたいと思います。 幼稚園児のときに、社蓄くんは家族でまんじゅう工場に見学にいきました。 そのまんじゅう工場には試食コーナーがあり、試食を求める人々が列を成していたので、社蓄くん一家もまんじゅうの試…

休日に少ない趣味のひとつを楽しむ社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、ある村について書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

会社でミスして怒られて泣く惨めな社蓄が一匹・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 突然ですが、 みなさんは、会社で泣いたことがありますか? 社蓄くんは・・・・・・ なんと・・・・・・ 会社で・・・・・・ 泣いたことがあります・・・・・・! ちなみに社蓄くんはオスです・・・・・・ 大のオスが、会社で泣くんです・・・・・・ 恥かしいです…

思い出のなかの幼馴染は既に一児の母

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんにもモテ期がありました。 easylife.hateblo.jp 以前に書いた記事とは異なり、今回はちゃんと異性にモテていた話です。 そのモテ期は・・・・・・ ・・・・・・幼稚園のときです・・・・・・ (※このマンガはフィクションです)

先輩を先輩と思っていない新入社員にストレスを容赦なくブチ込まれる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 新入社員に舐められると腹が立ちますよね。 意識高い系の新入社員のなかには、 「オレは特別な存在!」 と思っているようなタイプ(ライオンタイプと心の中で呼んでいます)もいるので、こういうタイプは自分より弱そうな生…

結論を先に言わない人、質問に質問で返す人にイライラする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 結論から先に言わない人にはイライラさせられるときがあります。 (※このマンガはフィクションです)

母の日に何をオッカさんに贈ると良いのだろうか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろ母の日ですね。 昔(ちょっと前ですが)、オッカさんに言われたことがあります。 「しんどかったら、辞めても良い」 「他にも仕事はある」 「病気になってまで仕事をすることは無い」 確かにそのとおりだと思います…

モテすぎて気が狂いそうな人生を歩んできました

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 実は、社蓄くんは昔から異常にモテます・・・! 今日はそのモテモテ具合をマンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

デブはいつまでもデブのまま、デブの生涯に大量の悔いあり

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 小さいときに太っていると、その後の人生も太っている場合が多いそうです。 https://twitter.com/newsawards/status/849939199369150465 かという社蓄くんも、子供の頃からずっと、デブゥな人生を歩んでいます。 記録による…

春は繁殖する生物が多い時期らしいですね

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろ本格的に春といった雰囲気ですね。 春が終われば夏が来て、夏が終われば秋が来て、また冬が来るんですね。 そして、春が来ると・・・。 春というと、動物たちにとっては子作りの季節ですね。 動物たちは、人間のよう…

しょっちゅう悪夢を見る社蓄、悪夢から解放される日は来るのか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは、しょょょょっちゅううううう悪夢をみます。 なので、その悪夢をマンガのネタにして、少しでも役に立てていきたいと思っています。 (※このマンガはフィクションです)

社内暴力と日本社会の闇

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 一部の日本企業はいまだに封建主義的な組織風土を有していると思いますので、社内の上下関係はとても厳しく、上司や先輩の言うことには逆らえないということもあると思います。 家庭内暴力や校内暴力などはよくニュースにな…

2017年のゴールデンウィークは昭和の日が土曜日(´;ω;`)

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 もうそろそろゴールデン・ウィークですね! 今年は、昭和の日(4月29日)が土曜日なので、残念ですね(´;ω;`) 去年は昭和の日は、たしか金曜日でしたから・・・。 今年の4月30日は日曜日で、5月1日、2日は平日です。 5月3日…

油に水は禁物、火事になります

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 春になり、学校は入学式が行われているようですね。 社会人でも学生でも、今年の春から1人暮らしをはじめたという方も多いのではないかと思います。 今まではオッカさんに作ってもらっていた食事も、自分で用意しないといけ…

会社で上司に媚びても仕方が無い、仕事のできない社蓄はただの畜生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 日曜日の今日は、ほのぼのした話題にしたいと思います。 そこで、ゾウさんについて、書きたいと思います。 ゾウさんは非常に賢い動物です。 鏡に映る自分の姿を、自分だと認識できるそうなのですが、イヌでもこれはできない…

初めてのコルセットでオバチャンにぬりぬりされた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 春と言うと、初々しい時期ですよね。 この時期になると、初めての体験について、思い出すことがあります。 社蓄くんは、以前にヘルニアになったことがあります。 easylife.hateblo.jp そのときに、整形外科を受診したのです…

アルコールを飲めてなんぼという日本企業の謎の風土

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 新入社員のように年の離れた人たちとコミュニケーションをするには、慎重にならないといけないと思います。 (※このマンガはフィクションです)

20代で干物になってしまうと干物人生から抜け出せない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、社蓄くんの身の回りで出会った干物たちを紹介したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

新入社員は雑用をすすんで引き受けよう!

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 全国各地で入社式が行われて、新入社員が入ってきたようです。 春の風物詩みたいなものですね。 毎年この時期になると、自分が新入社員だった頃のことを思い出します。 当時の私は、いつもビクビクしていて、声も小さいし、…

ご飯にウナギの蒲焼のタレをかけて食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 ご飯にウナギの蒲焼のタレをかけるのが大好きです。

母の手料理はとてもアレです

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、母の料理について書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

50年生きるのも100年生きるのも変わらない気がする人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんの寿命は、あといくらなのか、と思うときがあります。 (※このマンガはフィクションです)

拷問される夢を見た朝は会社に行きたくなくなる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 映画や海外ドラマなどで、拷問されているシーンを見ます。 人は拷問されて、真実を告白するのでしょうか? 拷問されて真実を喋ることもあるかもしれませんが、本当に真実を知らない、何も知らないのに、拷問から解放されたい…

お花見の幹事を任せられて悶え苦しむ若手社員

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろお花見の季節ですね。 人事異動の歓迎会がお花見、という会社もあるのではないでしょうか。 (※このマンガはフィクションです)

叱るだけのコミュニケーションは新人を潰す

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろ新入社員が入ってくる季節ですね。 突然ですが、新入社員の教育は、叱るだけではいけないと思います。 山本五十六元帥のように、やってみて、言って聞かせて、自分でやらせてみて、褒めてやらないと、人は育たないと…

授業中に押し入ってきた暴漢を撃退する夢を良く見る

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 日曜日の今日は悪夢シリーズのつづきを書いていきたいと思います。 過去の悪夢シリーズ easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp (※このマンガはフィクションです)

一度やってみたい食べ方~ポテトシェイク大盛~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 一度、やってみたいことがあります。 ポテトシェイクと言う言葉があるように、アツアツのポテトを、シェイクに浸して食べるのは、とても美味しいです。 プリズン・ブレイクでベリックさんがやっていましたね。 プリズン・ブ…

動物はエサをくれる人を嫌いにはならない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 家の近所に、ヤギを飼っている家があります。 たまに遠くから見ています。 世話をしているお爺さんに懐いているのが、良くわかります。 お爺さんに懐いている様子は、イヌと変わりません。 (※このマンガはフィクションです)

深夜に台所で遭遇したら嫌なヤツ・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は深夜の侵入者シリーズのつづきを書いていきたいと思います。 前回は台所にナメクジくんが侵入しているという話しでした。 easylife.hateblo.jp (※このマンガはフィクションです)

家の中に出没する虫に名前を付け始めた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は社蓄くんの家に居候している、愉快な仲間たちをご紹介したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

会社の二次会は地獄!スナックで無理やりカラオケを唄わされて罵られる(´;д;`)

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 会社の飲み会、一次会はまあ良いですが、二次会まで強制参加だと、ちょっと辛く感じる人もいるのではないかと思います。 特に若い人や新入社員は、一次会だけでも、気を使いすぎてヘトヘトになっているのではないかと思いま…

不器用な人間は何しても不器用になる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 嫌なことは連続しますよね。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中で乗る車はブレーキの効きが甘すぎる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日も夢で見たことをマンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

動物の餌になりたい

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、動物の餌になることについて書き留めたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

客引きのオッチャンにすらスルーされる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 客引きをウットウシイと思う人もいるのではないかと思います。 ただ、社蓄くんの場合、10代後半を最後に、客引きにスルーされるようになりました。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中で出てくるトイレは蓋が開かない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、良く見る悪夢をマンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

花粉症が無ければ春を好きになれるんですが…

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 花粉症の季節がやってきましたね。 (※このマンガはフィクションです)

チンパンジーに唾を吐きかけられた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 憂鬱な日曜日を吹き飛ばすには動物ネタが良いのではないかとおもいまして、今日は動物園でチンパンジーと遊んだ思い出を書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

宝くじを買わないと不安になる人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄の唯一の希望の星、宝くじは毎週欠かさず購入しています。 (※このマンガはフィクションと思われます)

釣った魚をウミネコに食べられる人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、ウミネコについて書いていきたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

スキーでは滑り出したら止まらないので、わざと転んで止まる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 高校のときの修学旅行先は北海道でした。 そのときに、人生で始めてスキーを体験しました。 (※このマンガはフィクションです)

スポンサーリンク