読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

健康

ニワトリの恩恵は計り知れないものがあります

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

GW中に幼馴染を見かけた話と精神安定剤について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです) 過去の幼馴染記事 easylife.hateblo.jp

夢の中で出てくる階段は10段飛ばしも当たり前

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、良く見る夢をマンガにしたいと思います。 過去の夢シリーズ easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp (※このマンガはフィクションです) 子供のときから夢の中の階段は飛…

目に見えないものは怖い、でも実際は大したことが無いことが多い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは休みの日に、近所を徒歩でブラブラするのが好きです。 いろいろな発見がありますからね。 easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp 小学生時代の通学路を久しぶりに歩いて感じたこと 先日、徒歩で通るのが久しぶ…

麻雀には頭の回転の速さが必要?仕事のできる社員は麻雀も強い!?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 花の金曜日ですね。 今日は飲み会をする人も多いのではないでしょうか。 暖かくなってきましたし、ビールも美味しい季節ですね。 社蓄くんの会社では、飲み会の二次会に麻雀に行く人たちがいました。 社蓄くんは麻雀について…

人間以外の動物のおかげで、人間は理性を保つことが出来ている

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 5月になって、気温もグングンと上がり、にぎやかな季節になりましたね。 動物たちが活動を始めているような気がします。 子供のときは、夏が始まる前の、5月の爽やかな時期が一番好きでした。 (※このマンガはフィクションで…

夢の中で言われた言葉は現実で一度言われたことがある言葉

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 夢の中で、誰かに何か言われたことはありませんか? 社蓄くんは、しょっちゅう夢の中で、何か言われています。 (※このマンガはフィクションです) 昔、上司や親に言われた言葉を、夢の中で語りかけられる 太っていると困る…

人間に生まれたことは良かったことなのだろうか?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 おそろしい夢を最近見たので、マンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです) 人間に生まれたことは良かったことか? 人間で生きていくことの難しさとは何か? 容姿が良くないので人当たりが悪い 容姿が良い…

社蓄の耳の中は今日も湿っている

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 過去の記事でも書きましたが、社蓄くんは寝るときにいつも耳栓をしています。 耳栓をして寝ると、とても快適に寝ることが出来ます。 世の中には雑音があふれかえっていますので、それらを出来る限りシャットアウトしてくれる…

ネチネチと指導をして部下に精神的苦痛を与える上司への対応策

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 会社でとんでもなく怒られることってありますよね。 理不尽な理由で怒られることもしょっちゅうですし、一度怒り始めると、ネチネチとしつこい上司も存在すると思います。 仕事のミスを指摘することはもちろん必要ですが、必…

GW明けの地獄~次の祝日はなんと海の日(´゚ω゚`)

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日からGWですね! 9連休、という人も多いのではないでしょうか!? (※このマンガはフィクションです)

糸ようじでいつまでも健康な歯を保ちたい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 虫歯予防には歯ブラシだけではなく、糸ようじも有効ですよね。 (※このマンガはフィクションです)

職場で蛍光灯を換えるときに命の危険を感じる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 会社で雑用を押し付けられることはありませんか? 社蓄くんは、会社に入りたてのころから今に至るまで、いろいろと雑用を押し付けられます 任せてもらえます! 雑用でも、仕事を任せられるというのは、信頼されている証では…

子供の頃に親切にされた記憶は何十年も覚えている

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は昔話をしたいと思います。 幼稚園児のときに、社蓄くんは家族でまんじゅう工場に見学にいきました。 そのまんじゅう工場には試食コーナーがあり、試食を求める人々が列を成していたので、社蓄くん一家もまんじゅうの試…

休日に少ない趣味のひとつを楽しむ社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、ある村について書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

会社でミスして怒られて泣く惨めな社蓄が一匹・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 突然ですが、 みなさんは、会社で泣いたことがありますか? 社蓄くんは・・・・・・ なんと・・・・・・ 会社で・・・・・・ 泣いたことがあります・・・・・・! ちなみに社蓄くんはオスです・・・・・・ 大のオスが、会社で泣くんです・・・・・・ 恥かしいです…

先輩を先輩と思っていない新入社員にストレスを容赦なくブチ込まれる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 新入社員に舐められると腹が立ちますよね。 意識高い系の新入社員のなかには、 「オレは特別な存在!」 と思っているようなタイプ(ライオンタイプと心の中で呼んでいます)もいるので、こういうタイプは自分より弱そうな生…

結論を先に言わない人、質問に質問で返す人にイライラする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 結論から先に言わない人にはイライラさせられるときがあります。 (※このマンガはフィクションです)

デブはいつまでもデブのまま、デブの生涯に大量の悔いあり

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 小さいときに太っていると、その後の人生も太っている場合が多いそうです。 子供の頃肥満だった人が気をつけたいリスク 成人後、3大疾病を患う可能性も | The New York Times - 東洋経済オンライン https://t.co/W3NNFIYWLK @…

しょっちゅう悪夢を見る社蓄、悪夢から解放される日は来るのか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは、しょょょょっちゅううううう悪夢をみます。 なので、その悪夢をマンガのネタにして、少しでも役に立てていきたいと思っています。 (※このマンガはフィクションです)

社内暴力と日本社会の闇

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 一部の日本企業はいまだに封建主義的な組織風土を有していると思いますので、社内の上下関係はとても厳しく、上司や先輩の言うことには逆らえないということもあると思います。 家庭内暴力や校内暴力などはよくニュースにな…

初めてのコルセットでオバチャンにぬりぬりされた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 春と言うと、初々しい時期ですよね。 この時期になると、初めての体験について、思い出すことがあります。 社蓄くんは、以前にヘルニアになったことがあります。 easylife.hateblo.jp そのときに、整形外科を受診したのです…

アルコールを飲めてなんぼという日本企業の謎の風土

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 新入社員のように年の離れた人たちとコミュニケーションをするには、慎重にならないといけないと思います。 (※このマンガはフィクションです)

20代で干物になってしまうと干物人生から抜け出せない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、社蓄くんの身の回りで出会った干物たちを紹介したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

弱肉強食の世界~弱いものは淘汰される運命

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 海の中は弱肉強食ですよね。 人間社会のように、法律や規則もありませんから、強いものが勝つ世界です。 (※このマンガはフィクションです)

ご飯にウナギの蒲焼のタレをかけて食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 ご飯にウナギの蒲焼のタレをかけるのが大好きです。

母の手料理はとてもアレです

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、母の料理について書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

拷問される夢を見た朝は会社に行きたくなくなる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 映画や海外ドラマなどで、拷問されているシーンを見ます。 人は拷問されて、真実を告白するのでしょうか? 拷問されて真実を喋ることもあるかもしれませんが、本当に真実を知らない、何も知らないのに、拷問から解放されたい…

叱るだけのコミュニケーションは新人を潰す

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろ新入社員が入ってくる季節ですね。 突然ですが、新入社員の教育は、叱るだけではいけないと思います。 山本五十六元帥のように、やってみて、言って聞かせて、自分でやらせてみて、褒めてやらないと、人は育たないと…

夢の中で謎の生物に遭遇するとき

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は夢の中で遭遇した謎の生物について書いてみました。 (※このマンガはフィクションです)

授業中に押し入ってきた暴漢を撃退する夢を良く見る

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 日曜日の今日は悪夢シリーズのつづきを書いていきたいと思います。 過去の悪夢シリーズ easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp (※このマンガはフィクションです)

一度やってみたい食べ方~ポテトシェイク大盛~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 一度、やってみたいことがあります。 ポテトシェイクと言う言葉があるように、アツアツのポテトを、シェイクに浸して食べるのは、とても美味しいです。 プリズン・ブレイクでベリックさんがやっていましたね。 プリズン・ブ…

歯医者の口の中の水を吸い取るヤツがカポォカポォなる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 歯医者で治療をされているとき、ふと思うことがあります。 口を思いっきり開けた顔というのは、なかなか面白い顔ですよね。 歯科衛生士さんや、歯医者さんは、笑わないでいるのが凄いなと思います。 (※このマンガはフィクシ…

夢の中で乗る車はブレーキの効きが甘すぎる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日も夢で見たことをマンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中で出てくるトイレは蓋が開かない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、良く見る悪夢をマンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

花粉症が無ければ春を好きになれるんですが…

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 花粉症の季節がやってきましたね。 (※このマンガはフィクションです)

チンパンジーに唾を吐きかけられた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 憂鬱な日曜日を吹き飛ばすには動物ネタが良いのではないかとおもいまして、今日は動物園でチンパンジーと遊んだ思い出を書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

宇宙人に連れ去られてイタズラされたい社蓄②

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は前回の続きを書いていきたいと思います。 easylife.hateblo.jp 宇宙人に連れ去られた社蓄の運命やいかに!? (※このマンガはフィクションです)

教習所は社会でのストレス対応力を試す場所

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 教習所はとてもストレスがかかる場所だと思います。 自動車という、自分にとっては未知のマシンを操縦するテクニックを身につけないといけませんから。 また、教習所の教官というのは、いろいろな人がいますので、非常に面倒…

痴漢に間違われたらと思うと怖くて東京の電車に乗れない②

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は昨日の続きを書いていきます。 easylife.hateblo.jp 痴漢に間違われた社蓄くん、その運命やいかに! (※このマンガはフィクションです)

学校などに良く置いてある水を飲む機械の思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、学校などに良くおいてある、水を飲むための機械を思い出したので、書き残したいと思います。 外見は長方形の箱型で、足でペダルのようなものを踏むと、上の部分から冷たい水が噴出してくる機械です。 ウォータークー…

上司は優しい人がいいです。すぐに怒る上司は嫌いです。

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 『怖いけど優しい上司』と『優しいけど怖い上司』はどちらが良いでしょうか? 個人的には、 どっちも嫌です。 (※このマンガはフィクションです)

筋トレは腕立てだけで生きてきた件

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは思春期の頃、筋肉を鍛えていました。 なぜかというと、 と思っていたからです。

人に会わない深夜散歩は精神衛生的に良いと思う

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は深夜徘徊の魅力を書きたいと思います。 深夜徘徊というよりも、深夜散歩と書いたほうが良いかもしれませんね。 単純に、夜散歩をするというだけなのですが、なかなか面白いです。 1.人とエンカウントする確率が低い…

電車で寝言を言ってしまう恐怖

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです) 電車でつい寝てしまった、なんてことはありませんでしょうか? 短い距離の移動ならまだしも、電車で長距離移動にもなると、どうしても眠くなってしまいますよね。 ただ、電車は公共のスペ…

Tシャツがすぐに黄色くなる件について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 Yシャツや肌着は、買ったときは真っ白ですよね。 ただ、不思議なことに、社蓄くんが着ていると、だんだんと黄色くなっていくのです。 世にも不思議な出来事ですよね。 社蓄くんの身体から、黄色い絵の具が分泌されているので…

授業中にお腹が鳴って恥ずかしかった思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は学生時代、授業中にお腹がグゥグゥなり始めて、恥ずかしかった思い出を書き残したいと思います。 授業中や会議中、試験中に腹が鳴り始める恐怖体験 腹鳴恐怖症という状態かもしれない 1.朝に便を排泄する習慣をつけ…

精神疾患での病気休職中にしたいこと、するべきこと

どうも、社蓄くんです。 今日は、精神疾患での病気休職中に何をするべきか、何をしたいのか、について書き残したいと思います。 私は精神疾患での病気休職の経験がありますので、そのときの体験をもとにしています。 人によってそれぞれであると思いますので…

母の作る料理はいつも煮物だった

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 私の母はいつも煮物を作っていました。 「マッマ、今日の晩ゴハンはなんだい?」 「煮物よ」 毎日、このような会話が繰り広げられていました。 母の作る煮物は、とても味が薄く、シャバシャバしていました。 また、卵が人数…

都会で暮らすメリットと田舎で暮らすメリット

どうも、社蓄くんです。 今日は都会と田舎、どっちで暮らすべきか、という、とてもありきたりなテーマの記事を書いてみたいと思います。 私は地方都市に住んでいます。 実家の近所は田園風景が広がっていて、世間一般の田舎のようなイメージです。 ただ、社…

スポンサーリンク