読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

夢の中で謎の生物に遭遇するとき

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は夢の中で遭遇した謎の生物について書いてみました。

動物はエサをくれる人を嫌いにはならない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 家の近所に、ヤギを飼っている家があります。 たまに遠くから見ています。 世話をしているお爺さんに懐いているのが、良くわかります。 お爺さんに懐いている様子は、イヌと変わりません。

深夜に台所で遭遇したら嫌なヤツ・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は深夜の侵入者シリーズのつづきを書いていきたいと思います。 前回は台所にナメクジくんが侵入しているという話しでした。 easylife.hateblo.jp

深夜の台所での遭遇・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 昔から、深夜に台所の電気をつけると、よく遭遇するヤツがいます。

家の中に出没する虫に名前を付け始めた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は社蓄くんの家に居候している、愉快な仲間たちをご紹介したいと思います。

動物の餌になりたい

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、動物の餌になることについて書き留めたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

チンパンジーに唾を吐きかけられた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 憂鬱な日曜日を吹き飛ばすには動物ネタが良いのではないかとおもいまして、今日は動物園でチンパンジーと遊んだ思い出を書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

身体の大きさと性格について。大きい個体は温厚な性格?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 人間の派閥はおそろしいです・・・。 (※このマンガはフィクションです)

釣った魚をウミネコに食べられる人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、ウミネコについて書いていきたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

宇宙人に連れ去られてイタズラされたい社蓄①

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 果たして宇宙人は存在するのでしょうか? つづきます (※このマンガはフィクションです)

マヨネーズを発明した人は凄い・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 私はマヨネーズが大好きです。 毎日のようにマヨネーズを食べています。 子供の頃からマヨネーズが大好きです。 私の人生はマヨネーズと共にあります。 さて、今回は私が独断と偏見で選んだ、マヨネーズに合う食べ物ベスト5…

タコとネギの思いもよらぬ共通点について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 昨日のブログでは、母が作った煮物に入っていた卵が、フグに足を喰われたタコのような形をしていることを書きました。 easylife.hateblo.jp そこで、今日はタコとネギについて書き残したいと思います。 タコとネギ、共通点は…

都会で暮らすメリットと田舎で暮らすメリット

どうも、社蓄くんです。 今日は都会と田舎、どっちで暮らすべきか、という、とてもありきたりなテーマの記事を書いてみたいと思います。 私は地方都市に住んでいます。 実家の近所は田園風景が広がっていて、世間一般の田舎のようなイメージです。 ただ、社…

ときどきネコの格闘場になる家の庭・・・町内のボスネコとの邂逅

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、実家がネコの格闘場になっていた話を書きたいと思います。 野良猫が徘徊する実家の町内 猫の格闘が終わった後に残される血と毛 町内のボスネコとの邂逅 猫が庭に来るのが嫌な人 ちなみに実家の町内はネコが多く、近…

夜のコンビニにたむろするアイツらに絡まれた思い出②

どうも、社蓄くんです。 今日は前回の続きを書いていきたいと思います。 easylife.hateblo.jp 社蓄にとっては貴重な食料買出し手段であるコンビニ・・・。 地域住民にとっても無くてはならない存在であります。 前回の続きの前に、コンビニで買えるもので、…

生きていく理由や意味がわからなくなったときはペットを飼う

どうも、社蓄くんです。 我が家にはペットがいます。 真鯉です。 名前はコイタローです。

夜のコンビニにたむろするアイツらに絡まれた思い出

どうも、社蓄くんです。 私の近所のコンビニには、いつもアイツらがたむろしています。 目を見ると近寄ってきて、絡まれそうになります。 というより、絡まれたことが何度もあります。 アイツらには野生の本能があるので、何されるかわかりません。 最近では…

イヌにまでなめられる人生をやめたい・・・動物になめられにくくなる方法をご紹介します

どうも、社蓄くんです。 社蓄くんはイヌが大好きです。 かわいいですよね。 イヌは人類のベストパートナーだと思います。 社蓄くんの実家でも、イヌを飼っていたことがあります。 ただ、社蓄くんには全くなついておらず、いつも吠えられていました。 飼って…