底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

子供

兄の子供に恐ろしい顔をさせてしまう社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

幼卒の社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

幼稚園のときに焦らされると漏らしそうになっていた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ボーリングで6連続ストライクを出した思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

生徒がうるさいと教卓を蹴り飛ばす教師

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

夏休みと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

同じマンガを何度も繰り返し読む社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ホームベースは参考程度に置いてあるものと思っていた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

夏休みの思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

中学生のときの恥ずかしい思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

あげパンの思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

跳び箱が飛べずに逆ギレする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

何歳になっても幽霊は怖い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 オッサンになっても、ホラー番組を見ると、夜中にトイレに行けなくなります。 (※このマンガはフィクションです)

祖母との思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は6月で最初の花の金曜日ですね。 さて、今日は祖母との思い出を書きたいと思います。 社蓄くんが小さいころ、祖母はよく、何かをくれました。 (※このマンガはフィクションです)

中学校のときに流行っていた遊びと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 むかしむかし、社蓄くんがいた中学校では、『肩パン』という遊びが流行っておりました。 この遊びは、ジャンケンをして、勝った方が負けた方の肩をパンチするという、単純な遊びです。 ただ、当時の中学生たちは、遊びにもか…

ペットロスが怖いのでペットを飼えない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

親しき仲にも礼儀ありという言葉を痛感させられた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 中学校のときの話です。 仲の良い、友達が何人かいたのですが、そのなかで、ちょっと変わった子がいました。 ちなみに、社蓄くんのいた中学では、手を尖がらせて、ツツキ合うのが挨拶の代わりのようなものでした。 (※このマ…

目に見えないものは怖い、でも実際は大したことが無いことが多い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは休みの日に、近所を徒歩でブラブラするのが好きです。 いろいろな発見がありますからね。 easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp 小学生時代の通学路を久しぶりに歩いて感じたこと 先日、徒歩で通るのが久しぶ…

いじめ問題は教師や管理者だけで解決するのは難しいと思います

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 いじめは悪いことです。 いじめをするほうは、自分がいじめをしたことなどすぐに忘れてしまうかもしれませんが、いじめを受けた方は、一生、覚えている可能性があります。 いじめは絶対にしてはいけません。 学校でも職場で…

日本人と共に何千年も生きてきたあの動物について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 GWも本格的に始まりましたね。 今日はナマズの一生について書きたいと思います。 ナマズはとても面白い動物です。 日本に古来から生息している魚で、日本神話にも出てくることから、日本人ととても関係の深い動物です。 都…

ピアノを習っていたら良かったと思うとき~思春期の記憶~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 ピアノが弾けたら良かったのになあ、と思うことが、学生時代にはありました。 中学校の合唱コンクールの練習などで、ピアノを弾ける同級生には、憧れたものです。 ピアノを弾けるだけで、とても特別な存在に思えたものです。…

子供の頃に親切にされた記憶は何十年も覚えている

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は昔話をしたいと思います。 幼稚園児のときに、社蓄くんは家族でまんじゅう工場に見学にいきました。 そのまんじゅう工場には試食コーナーがあり、試食を求める人々が列を成していたので、社蓄くん一家もまんじゅうの試…

思い出のなかの幼馴染は既に一児の母

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんにもモテ期がありました。 easylife.hateblo.jp 以前に書いた記事とは異なり、今回はちゃんと異性にモテていた話です。 そのモテ期は・・・・・・ ・・・・・・幼稚園のときです・・・・・・ (※このマンガはフィクションです)

デブはいつまでもデブのまま、デブの生涯に大量の悔いあり

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 小さいときに太っていると、その後の人生も太っている場合が多いそうです。 https://twitter.com/newsawards/status/849939199369150465 かという社蓄くんも、子供の頃からずっと、デブゥな人生を歩んでいます。 記録による…

春は繁殖する生物が多い時期らしいですね

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろ本格的に春といった雰囲気ですね。 春が終われば夏が来て、夏が終われば秋が来て、また冬が来るんですね。 そして、春が来ると・・・。 春というと、動物たちにとっては子作りの季節ですね。 動物たちは、人間のよう…

チンパンジーに唾を吐きかけられた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 憂鬱な日曜日を吹き飛ばすには動物ネタが良いのではないかとおもいまして、今日は動物園でチンパンジーと遊んだ思い出を書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

スキーでは滑り出したら止まらないので、わざと転んで止まる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 高校のときの修学旅行先は北海道でした。 そのときに、人生で始めてスキーを体験しました。 (※このマンガはフィクションです)

学校などに良く置いてある水を飲む機械の思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、学校などに良くおいてある、水を飲むための機械を思い出したので、書き残したいと思います。 外見は長方形の箱型で、足でペダルのようなものを踏むと、上の部分から冷たい水が噴出してくる機械です。 ウォータークー…

筋トレは腕立てだけで生きてきた件

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは思春期の頃、筋肉を鍛えていました。 なぜかというと、 と思っていたからです。

四コマ漫画にある不自由さと無限の自由について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は四コマ漫画を書いて見ました。 (※このマンガはフィクションです)

小学校時代に同級生に階段から突き落とされた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は小学校で同級生に階段から突き落とされた思い出を書き留めたいと思います。 とてもブラックな思い出です。 仲の良い同級生の突然の凶行 数日後、驚きの展開が 子供は何をするか子供でも予想できない存在 仲の良い同級…

母の作る料理はいつも煮物だった

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 私の母はいつも煮物を作っていました。 「マッマ、今日の晩ゴハンはなんだい?」 「煮物よ」 毎日、このような会話が繰り広げられていました。 母の作る煮物は、とても味が薄く、シャバシャバしていました。 また、卵が人数…

学生時代にバレンタインチョコを貰ったのは一度だけの人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 そろそろバレンタインですよね。 思春期のころは、この季節は、ドギマギしていたものです。 しかしながら、今は将来に対する希望も夢も無く、絶望しかない、世紀末世界に生き残った人類のような顔をしながら生活をしています…

子供に異常に嫌われる人の特徴とは!?

どうも、社蓄くんです。 社蓄くんは、子供に異常に嫌われます。 子供たちは、社蓄くんを見ると、まるでモンスターに出会ったかのような反応をしてきます。 なぜ、彼らはこのような反応をするのでしょうか? その理由について、考えみたいと思います。