底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

思い出

飲み会で吐くまで酒を飲む人は信用できない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

兄の子供に恐ろしい顔をさせてしまう社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

弁当を2つ食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

幼卒の社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

授業に遅れそうになる夢を見る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

幼稚園のときに焦らされると漏らしそうになっていた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社の独身寮のおばちゃんに怒られる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ボーリングで6連続ストライクを出した思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

生徒がうるさいと教卓を蹴り飛ばす教師

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

夏休みと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

いきなり思い出し笑いをする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

同じマンガを何度も繰り返し読む社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ホームベースは参考程度に置いてあるものと思っていた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

緑色のイヌと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社の昼休みに運動をする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

中学生のときの恥ずかしい思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

あげパンの思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

間違ったときの周りの雰囲気が冷たい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

新入社員研修で大声を出させる会社

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

仕事でミスをして日本語が不自由になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

スイカの種は出さない社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

柴犬のかわいさは異常~不安を取り除く方法について~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

授業中にお腹が鳴っても恥かしいことはない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

食べ放題で必死になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 食べ放題に行くと、元を取ろうと必死で食べてしまいます。 (※このマンガはフィクションです)

跳び箱が飛べずに逆ギレする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

祖父との思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は祖父との思い出を記したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

便座の重要性について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

朝にデデーホーホーと鳴く謎の生命体について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 朝になると、 デデー ホーホー デデー ホーホー と鳴く生命体が、社蓄くんの家の周囲にいます。 以前からこの生命体が何なのか、気になっていましたが、ネットで調べてみると、 『キジバト』というそうですね。 キジバト - W…

祖母との思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は6月で最初の花の金曜日ですね。 さて、今日は祖母との思い出を書きたいと思います。 社蓄くんが小さいころ、祖母はよく、何かをくれました。 (※このマンガはフィクションです)

中学校のときに流行っていた遊びと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 むかしむかし、社蓄くんがいた中学校では、『肩パン』という遊びが流行っておりました。 この遊びは、ジャンケンをして、勝った方が負けた方の肩をパンチするという、単純な遊びです。 ただ、当時の中学生たちは、遊びにもか…