底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

生き方

幼卒の社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

山にある公園で瞑想する社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

授業に遅れそうになる夢を見る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

出世できない大卒は高卒の餌食になる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

幼稚園のときに焦らされると漏らしそうになっていた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

天候の急変にやられる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

洗濯機と社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社の独身寮のおばちゃんに怒られる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ボーリングで6連続ストライクを出した思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社で定期的に体重を測らされる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

生徒がうるさいと教卓を蹴り飛ばす教師

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中でも社蓄は社蓄のまま

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

金星と社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

天に召されたセミと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

晩婚化する社会と社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

お墓参りにいく社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

人とぶつからないように過剰に避ける社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

チンゲンサイが虫さんにやられてヘコむ社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

夏休みと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

財布のチャックにろうそくを塗りたくる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

家庭菜園をする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

水辺で落ち着く社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ネギを育てる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガは盛っています)

釜たまうどんの美味しい作り方

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

いきなり思い出し笑いをする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

同じマンガを何度も繰り返し読む社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ホームベースは参考程度に置いてあるものと思っていた社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

音しか聞こえない花火大会と社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

階段の最後の一歩を踏み外す社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

夏休みの思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)