底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

病気

パワハラの トラウマいつも むねのなか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

休みの日に昼寝をしようと思って何時間も寝てしまうと辛い社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

体調管理のできていない社蓄は無能

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

寒さで睡眠中にバイブレーションする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

弁当を2つ食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

山にある公園で瞑想する社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

授業に遅れそうになる夢を見る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

カップラーメンを夜中に食べたくなる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社で定期的に体重を測らされる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中でも社蓄は社蓄のまま

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

人とぶつからないように過剰に避ける社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

階段の最後の一歩を踏み外す社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

生きていくのが面倒になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

くしゃみ鼻水に苦しむ社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

トイレに行くのも面倒になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

地震の前に目が覚める社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

間違ったときの周りの雰囲気が冷たい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

月曜日に頭が割れそうに痛い社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

暑すぎて水をかぶる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

深夜に取り返しがつかないと咽び泣く社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

仕事でミスをして日本語が不自由になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

社員を消耗品のように扱う会社

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

梅雨が本気を出し始めた

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

採血を失敗される社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

いつも左向きで寝る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、寝るときの体勢について、書きたいと思います。 寝るときは、左を向いています。 子供のときは、常に仰向けで寝ていましたが、オッサンになってからは、仰向けよりも、横に向いて寝るほうが楽になりました。

授業中にお腹が鳴っても恥かしいことはない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

外で漏らす社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

思い出したように急に寒くなるという自然の罠

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

満月を見るとソワソワする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

蝋燭の火が消える瞬間

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 蝋燭を眺めていると気分が落ち着きます。 (※このマンガはフィクションです)

うちわだけで夏を乗り切ることが出来るのか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

この世に爪痕を残していく社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 ベッドのシーツの下のほう(足元付近)が、ボロボロになっています。 (※このマンガはフィクションです)

職場で悪臭を撒き散らしてスメハラをする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 最近は『スメハラ』という言葉があるそうですね。 スメルハラスメントの略だそうです。 パワーハラスメントをパワハラと略すのと同じようなイメージでしょうか。 スメルハラスメント - Wikipedia 好ましくない臭いを撒き散ら…

GW中に幼馴染を見かけた話と精神安定剤について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです) 過去の幼馴染記事 easylife.hateblo.jp

夢の中で出てくる階段は10段飛ばしも当たり前

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、良く見る夢をマンガにしたいと思います。 過去の夢シリーズ easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp easylife.hateblo.jp (※このマンガはフィクションです) 子供のときから夢の中の階段は飛…

散歩中、目の前でモリモリするイヌとカッーペッする老人

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは、いわゆる田舎と呼ばれるエリアに住んでいます。 残念なことに、社蓄くんの住んでいるエリアは、あんまりマナーが良くありません。 イヌをノーリード(首輪から伸びるヒモを付けてイヌを制御しない)で散歩させた…

夢の中で言われた言葉は現実で一度言われたことがある言葉

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 夢の中で、誰かに何か言われたことはありませんか? 社蓄くんは、しょっちゅう夢の中で、何か言われています。 (※このマンガはフィクションです) 昔、上司や親に言われた言葉を、夢の中で語りかけられる 太っていると困る…

人間に生まれたことは良かったことなのだろうか?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 おそろしい夢を最近見たので、マンガにしたいと思います。 (※このマンガはフィクションです) 人間に生まれたことは良かったことか? 人間で生きていくことの難しさとは何か? 容姿が良くないので人当たりが悪い 容姿が良い…

ネチネチと指導をして部下に精神的苦痛を与える上司への対応策

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 会社でとんでもなく怒られることってありますよね。 理不尽な理由で怒られることもしょっちゅうですし、一度怒り始めると、ネチネチとしつこい上司も存在すると思います。 仕事のミスを指摘することはもちろん必要ですが、必…

糸ようじでいつまでも健康な歯を保ちたい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 虫歯予防には歯ブラシだけではなく、糸ようじも有効ですよね。

会社でミスして怒られて泣く惨めな社蓄が一匹・・・

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 突然ですが、 みなさんは、会社で泣いたことがありますか? 社蓄くんは・・・・・・ なんと・・・・・・ 会社で・・・・・・ 泣いたことがあります・・・・・・! ちなみに社蓄くんはオスです・・・・・・ 大のオスが、会社で泣くんです・・・・・・ 恥かしいです…

結論を先に言わない人、質問に質問で返す人にイライラする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 結論から先に言わない人にはイライラさせられるときがあります。 (※このマンガはフィクションです)

デブはいつまでもデブのまま、デブの生涯に大量の悔いあり

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 小さいときに太っていると、その後の人生も太っている場合が多いそうです。 https://twitter.com/newsawards/status/849939199369150465 かという社蓄くんも、子供の頃からずっと、デブゥな人生を歩んでいます。 記録による…

しょっちゅう悪夢を見る社蓄、悪夢から解放される日は来るのか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんは、しょょょょっちゅううううう悪夢をみます。 なので、その悪夢をマンガのネタにして、少しでも役に立てていきたいと思っています。 (※このマンガはフィクションです)

社内暴力と日本社会の闇

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 一部の日本企業はいまだに封建主義的な組織風土を有していると思いますので、社内の上下関係はとても厳しく、上司や先輩の言うことには逆らえないということもあると思います。 家庭内暴力や校内暴力などはよくニュースにな…

初めてのコルセットでオバチャンにぬりぬりされた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 春と言うと、初々しい時期ですよね。 この時期になると、初めての体験について、思い出すことがあります。 社蓄くんは、以前にヘルニアになったことがあります。 easylife.hateblo.jp そのときに、整形外科を受診したのです…

20代で干物になってしまうと干物人生から抜け出せない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、社蓄くんの身の回りで出会った干物たちを紹介したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

弱肉強食の世界~弱いものは淘汰される運命

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 海の中は弱肉強食ですよね。 人間社会のように、法律や規則もありませんから、強いものが勝つ世界です。 (※このマンガはフィクションです)

50年生きるのも100年生きるのも変わらない気がする人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんの寿命は、あといくらなのか、と思うときがあります。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中で謎の生物に遭遇するとき

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は夢の中で遭遇した謎の生物について書いてみました。 (※このマンガはフィクションです)