底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

病気

【しゃちく川柳】げり便が 止まらないよ!と むせび泣き

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

【しゃちく川柳】増えるのは 薬の数と 時間外

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

パワハラの トラウマいつも むねのなか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

休みの日に昼寝をしようと思って何時間も寝てしまうと辛い社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

体調管理のできていない社蓄は無能

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

寒さで睡眠中にバイブレーションする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

弁当を2つ食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

山にある公園で瞑想する社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

授業に遅れそうになる夢を見る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

カップラーメンを夜中に食べたくなる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社で定期的に体重を測らされる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

夢の中でも社蓄は社蓄のまま

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

人とぶつからないように過剰に避ける社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

階段の最後の一歩を踏み外す社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

生きていくのが面倒になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

くしゃみ鼻水に苦しむ社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

トイレに行くのも面倒になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

地震の前に目が覚める社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

間違ったときの周りの雰囲気が冷たい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

月曜日に頭が割れそうに痛い社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

暑すぎて水をかぶる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

深夜に取り返しがつかないと咽び泣く社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

仕事でミスをして日本語が不自由になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

社員を消耗品のように扱う会社

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

梅雨が本気を出し始めた

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

採血を失敗される社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

いつも左向きで寝る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、寝るときの体勢について、書きたいと思います。 寝るときは、左を向いています。 子供のときは、常に仰向けで寝ていましたが、オッサンになってからは、仰向けよりも、横に向いて寝るほうが楽になりました。

授業中にお腹が鳴っても恥かしいことはない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

外で漏らす社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

思い出したように急に寒くなるという自然の罠

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)