底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

社会

田舎生活に憧れる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

くしゃみ鼻水に苦しむ社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

身近な癒し動物、アマガエルと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

トイレに行くのも面倒になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ウナギと社蓄~土用の丑の日~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ダイエットのために水をガブ飲みして空腹を紛らわせる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 暑い日が続きますね! 暑い日には水分補給が大切です! (※このマンガはフィクションです)

炊きたてゴハンにしょうゆをかけるだけで幸せ

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

暑さに屈する社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

ハチが寄ってくる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

空腹を水でまぎらわせる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

ハチに嫌われるにはどうすればいいか?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

会社の昼休みに運動をする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

中学生のときの恥ずかしい思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

虫が入ってくるので窓を開けられない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

あげパンの思い出が蘇る社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

地震の前に目が覚める社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

間違ったときの周りの雰囲気が冷たい社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

月曜日に頭が割れそうに痛い社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

登山で虫にたかられる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

深夜に取り返しがつかないと咽び泣く社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

新入社員研修で大声を出させる会社

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

仕事でミスをして日本語が不自由になる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

社員を消耗品のように扱う会社

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

梅雨が本気を出し始めた

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

動物の行動で夏を感じる

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

採血を失敗される社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

うどんをほとんど噛まずに食べる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

柴犬のかわいさは異常~不安を取り除く方法について~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

授業中にお腹が鳴っても恥かしいことはない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

仕事のメールを返さない人

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

職場でクラッシャーと呼ばれる社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 職場でクラッシャーと呼ばれている人がいます。 (※このマンガはフィクションです)

外で漏らす社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

思い出したように急に寒くなるという自然の罠

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

満月を見るとソワソワする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

跳び箱が飛べずに逆ギレする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

うちわだけで夏を乗り切ることが出来るのか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

祖父との思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は祖父との思い出を記したいと思います。 (※このマンガはフィクションです)

何歳になっても幽霊は怖い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 オッサンになっても、ホラー番組を見ると、夜中にトイレに行けなくなります。 (※このマンガはフィクションです)

朝にデデーホーホーと鳴く謎の生命体について

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 朝になると、 デデー ホーホー デデー ホーホー と鳴く生命体が、社蓄くんの家の周囲にいます。 以前からこの生命体が何なのか、気になっていましたが、ネットで調べてみると、 『キジバト』というそうですね。 キジバト - W…

髪が短いと上司ウケが良いのは何故か

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 髪が短いと、年配の人へのウケは良いです。 (※このマンガはフィクションです)

祖母との思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は6月で最初の花の金曜日ですね。 さて、今日は祖母との思い出を書きたいと思います。 社蓄くんが小さいころ、祖母はよく、何かをくれました。 (※このマンガはフィクションです)

挨拶ができない新人社員は人間関係で躓くかもしれない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 職場に新しい仲間が来たらすること、 それは挨拶まわりですね! (※このマンガはフィクションです)

職場で悪臭を撒き散らしてスメハラをする社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 最近は『スメハラ』という言葉があるそうですね。 スメルハラスメントの略だそうです。 パワーハラスメントをパワハラと略すのと同じようなイメージでしょうか。 スメルハラスメント - Wikipedia 好ましくない臭いを撒き散ら…

中学校のときに流行っていた遊びと社蓄

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 むかしむかし、社蓄くんがいた中学校では、『肩パン』という遊びが流行っておりました。 この遊びは、ジャンケンをして、勝った方が負けた方の肩をパンチするという、単純な遊びです。 ただ、当時の中学生たちは、遊びにもか…

暑い夏を乗り切る強い味方、冷たい井戸水と冷やし中華

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 暑くなってきましたね! 社蓄くんは寒さには強いのですが、暑さにはとても弱いです。 クーラーをつけると、電気代がもったいないので、暑いときは井戸水をガブ飲みして、身体を冷やしています。 井戸水はポンプの電気代(非…

ペットロスが怖いのでペットを飼えない

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 (※このマンガはフィクションです)

異常に親近感がわく、身近な動物

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 とても親近感がわく、身近な動物がいます。 (※このマンガはフィクションです)

会社でイジメられたらブチ切れてもいいものかどうか

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 今日は、社内でのイジメについて、書きたいと思います。 (※このマンガはフィクションです) 社内のイジメは本当にキツイものがあります。 なぜ人はイジメをおこなってしまうのか? 1.仕事が出来ない部下を見ていたらイラ…

親しき仲にも礼儀ありという言葉を痛感させられた思い出

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 中学校のときの話です。 仲の良い、友達が何人かいたのですが、そのなかで、ちょっと変わった子がいました。 ちなみに、社蓄くんのいた中学では、手を尖がらせて、ツツキ合うのが挨拶の代わりのようなものでした。 (※このマ…

車のナンバーに異常にこだわる人とそうでない人の違いについて

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 昔、会社の独身寮から、実家に引越しをした際の話です。 当時、車を持っていたので、持っている車の車庫変更や、ナンバーの変更などを行いました。 (※このマンガはフィクションです) 車のナンバーにこだわりが無い人と、そ…