うつ病社蓄の年末の朝は早い

うつ病社蓄の年末の朝は早い・・・ 朝、夢のなかで不安の種が発芽し、どろどろとした物体が脳内に広がり、意識は瞬く間に覚醒へと向かう。 発芽した不安は驚くべきスピードで成長し、心臓を暴れさせる。やがて横になっているのが苦痛なほど、得体の知れない魔物へと成長した不安は、身体を寝床から跳ね上げ、強制的に一日…