50年生きるのも100年生きるのも変わらない気がする人生

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 社蓄くんの寿命は、あといくらなのか、と思うときがあります。 (※このマンガはフィクションです)