ピアノを習っていたら良かったと思うとき~思春期の記憶~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。 ピアノが弾けたら良かったのになあ、と思うことが、学生時代にはありました。 中学校の合唱コンクールの練習などで、ピアノを弾ける同級生には、憧れたものです。 ピアノを弾けるだけで、とても特別な存在に思えたものです。 (※このマンガはフィクションです)