底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

4年前から冬に風邪をひかなくなりました。

私は4年ほど前から、冬に風邪をひかなくなりました。

風邪と言うのは急性上気道炎といわれるように、喉の炎症によるものらしいです。

(私は医療の専門家では無いので、間違っているかもしれませんが、その上でこの記事をご覧ください)

 

つまり、喉を炎症しないようにすれば、風邪はひかないのでは!?と思い、4年ほど前から、冬はとにかく喉を守るようにしていました。

 

風邪をひかないために喉を守る方法

寝るときは必ずマスクをする

これは必須条件です。喉を痛めるのは、おそらく、意識の無い状態である睡眠時が多いと思いますので、寝るときは必ずマスクをして寝ます。

ただ、マスクをそのまますると息苦しいので、鼻だけはマスクの外に出しています。

鼻だけは外に出す、というのがポイントです。

(全部覆うと、息苦しくて、無意識のうちにマスクをはずしてしまいます)

ただ、寝返りなどでマスクが外れることがありますが、それは気にしないで、マスクをひたすらつけて寝るようにします。そうやっていると、マスクが仮に寝ているときに外れたとしても、鼻で呼吸する習慣がついているので、口呼吸になりにくいように思います。つまり、睡眠時に鼻呼吸となるように矯正する装置が、マスクであると私は考えています。

 

冬は常に腹巻をしておく

必ず腹巻をしてすごします。寝ているときも、おきているときも、ずっと、腹巻を巻き続けます。個人的に、お腹を冷やすと、免疫が落ちる気がするので、お腹は冷やさないように、冬はかならず腹巻をしています。

 

マルチビタミンを摂る

1日に必要なビタミンが全て入っているマルチビタミンの錠剤を必ず毎日飲みます。メーカーは何でもいいと思います。

 

以上の習慣を続けているおかげで、私の記憶にある限りでは、4年ほど前から冬に風邪をひかなくなりました。風邪をひくとパフォーマンスが大きく低下し、いろいろなところに支障が出ますので、皆さんも風邪には気をつけて冬を乗り切ってください。