読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

自分の上司が信条としていたら嬉しい山本五十六元帥の名言

会社
スポンサーリンク

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

口先だけ綺麗ごとを言って、部下のことは、ほとんど考えていないような上司の下に付くと、会社生活が憂鬱だと思います。

上司というのは、会社生活において最も重要な存在だと思います。

まともな上司の下に付く事が出来たということは、それだけで大きな価値があると思います。

f:id:baserockmedia:20170304170136j:plain

山本五十六元帥の言葉と理想の上司像

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

出典:山本 五十六の名言:名言集.com

この言葉は、大日本帝国海軍の軍人で、連合艦隊の司令長官をしていた山本五十六元帥の言葉です。

いろんなところで耳がタコになるほど言われている、とても有名な名言ですね。特に、企業などでよく使われるように思います。

それは、この名言が、組織における若者の育成におけるキーポイントが含まれているからだ、と私は思います。

もし、自分の上司が、この名言を信条としているならば、それだけで「良い上司かもしれない」と思い込んでしまいそうなほど、私はこの名言がとてもすばらしいものだと思います。

言っている内容は全く難しくなく、とてもシンプルで、あたりまえのように思う人もいるかもしれません。あたりまえだと思う人は、若い人の育成が得意な人ではないでしょうか。

褒めることは人を育てる上でとても大切なこと

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。

まず、この一行目が、いろいろなところで引用されたり紹介されていると思います。

口でいうだけではなく、自ら手本を見せてみる、そして、要点を言って聞かせる。その上で、実際にやらせてみる。うまくできれば、褒めてやる。(うまくできなければ、再びやってみせる)

非常にシンプルなことですが、これができていない上司は多いのではないでしょうか。

若者にとって上司に褒められるということは、とても嬉しいことです。

特に新入社員やそれに近い立場の若者にとって、親や友人、彼女彼氏に褒められるよりも、上司に褒められることが、一番、ありがたいと思います。右も左もわからない、魑魅魍魎が跋扈するような会社という組織で、自分の仕事を褒めてくれる人がいる、それだけで強い心の支えになり、その上司をありがたい存在だと認識するようになるでしょう。

その若者は上司に報いようと、いろいろと考えるようになります。脳がフル回転し、どうやれば、あの上司を喜ばすことができるのか、もっと褒めてもらいたい、と考えるようになります。

 

部下を信頼する気持ちが大切

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

会社には、なんでもかんでも1から10まで指示しないと気がすまない上司がいることがあります。

指示したことと、ちょっとでも違うことをすると叱責し、「なぜ言われたとおりにやらないんだ!」と怒ります。

もちろん、新人が自分の勝手で仕事のやり方を変更し、それで問題が起きれば大変ですので、言われたとおりにやれ、というのは間違いではありません。ただ、新人としては、自分で工夫して仕事をしようという姿勢があったからこそ、そのような行動に出たのであって、上司を怒らせるためにやったわけではありません

そのために、そこで新人を怒るだけでは、非常にまずいことになります。心の弱い新人なら、心が折れてしまい、会社に来なくなる可能性もあるでしょう。

なぜ、やり方を変更したのかを話し合い、新人の声に耳を傾け、変更して問題が無い、メリットがあるのならば、そのやり方を認めてやり、その方法で仕事を任せてやるのです。

そうなれば、その新人は言われたとおりに仕事をするだけでは無く、自ら仕事の問題点を見つけ出し、改善し、提案していく姿勢を身に着けると思います。

 

部下に対する感謝の気持ちが大切

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

上司のなかには、部下が仕事をするのはあたりまえ、仕事をしない部下はクズだ、やめちまえ!という人もいます。

部下が仕事をするのはあたりまえ、と考えているようではダメだと思います。

「部下は自分の代わりに仕事をしてくれている、感謝しなければ」ぐらいに思った方がいいと私は思います。

そして、ときどきは部下の仕事ぶりを感謝し、それを言葉で直接伝えないといけません

また、失敗をしているようであっても、すぐに報告を求めず、信頼し、自分で困難を克服することを期待することも必要だと思います。

 

山本元帥の言葉は、時代を超えて日本社会に重要な意味を与えてくれていると思います。

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp