底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

寝ながらスマホやタブレットを見れるアイテムを購入してからQOLが向上しました

スポンサーリンク

私は寝るのが大好きですので、寝ながらスマホを触ることが良くあります。

しかしスマホをずっと持っていると、腕がだるくなってきます。

また、youtube等の動画を見るときなどは、スマホを操作する必要がありませんので、どこかに固定できたらいいな、と思っていました。例えば、ベッドの上の部分などに固定することができたら、仰向けで寝ながらスマホで動画を見ることができます。

以前からこういう装置(スマホを固定するやつ)があることは知っていたので、Amazonで買ってみようと思いました。そこで、どうせならとタブレットもついでに購入することにしました。

私のスマホはすでに購入してから3年半が経過し、充電の減るスピードがとても速いのです。これからはスマホは仕事などの電話専用にして、娯楽はタブレットを使うことにしました。

購入したタブレットはFire HD 8というタブレットです。タブレットにはぜんぜん詳しくないので、ベストセラーという表示に惹かれて購入を決めました。タブレットは数万円程度するものと思っていましたが、思っていたよりも安かったのが購入の決め手です。

 

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

 

 

いっしょに購入したのが下のスマホホルダーです。 

 

 

こちらはタブレットもホールドできるので、両方に使えてとても便利です。固定部分と腕の部分が非常にしっかりとしているので、がっちりと固定してくれます。固定したままでスマホの操作も楽々できますし、かなり自由に角度を変えたりすることができます。ただ、腕の部分がかなりしっかりしているので、力が弱い人にはちょっと角度調節が大変かもしれません。非常に良い商品で、買ってよかったと思います。

下の画像(絵心がなくてすみません…)はベッドに仰向けになっている私の様子を表現していますが、この赤い部分にホルダーを装着しています。

f:id:baserockmedia:20170128114113j:plain

イメージとしては下の画像の青い部分が、ホルダーとタブレットになります。実際にこのように使用していますが、非常に快適に使用できます。

f:id:baserockmedia:20170128114119j:plain

タブレットについても、値段からは想像ができないほどちゃんとしており、動画もスムーズに閲覧することができます。

Netflixで動画を見ることもできますし、もちろん、ネットやYoutubeの閲覧もスムーズに行うことができます。ずっと同じ姿勢(仰向け)で見ていると、胃の辺りがもぞもぞしてくるので(私だけかもしれませんが)、横向きに姿勢を変えたいと思うときがあります。そのときは、ホルダーのアームをちょっと変更してやり、さらにタブレットをつかんでいる箇所が球体間接になっているので、そこで方向を決めることが可能です。

アームの部分で大きく調整して、先の球体間接の部分で細かく調節する、というイメージです。

この2つはここ数年でAmazonで購入した物品の中で一番良い買い物をしたと感じました。(そもそもあまりネットでものを買わないのですが・・・。)

QOL(クオリティ・オブ・ライフ:人生の質)も向上したように感じます。というのは、私はテレビを持っていないので、いつもノートパソコンでNetflixyoutubeをみていました。会社でもずっとノートパソコンの前に座っているので、一日中、ノートパソコンの前にいる、つまり、椅子に座っていることになりますので、これは体に悪いと思い、座らずにNetflixyoutubeを見ることができるのは、革命的なことでした。

 

 

スポンサーリンク