読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

海外ドラマHOMELANDを見ていたら一日が終わっていた

スポンサーリンク

 今回ご紹介する海外ドラマはHOMELANDです。

 

 私はNetflixで海外ドラマを見ているのですが、面白いものは無いかと探していたところ、偶然、このHOMELANDを見つけました。他のブログやサイトでオススメされていたから見始めた、というわけではなく、Netflixでたまたま目に留まって見始めた海外ドラマです。

中東らしき場所が最初に出てくるので、ちょっと難しい、政治と戦争の映画かな?と思って、見るのを止めようかと思いました。難しい内容の映画やドラマは、見ているだけで疲れてしまうので、好きではありません……。

また、このドラマは主人公であるCIA職員の女性がとても早口で、しかも言っている内容も小難しいので、「これはついていけないな…」と思って、開始3分で見るのを一度止めてしまいました。

それから1週間後、再チャレンジということで、もう一度見てみると、実はとても面白い海外ドラマであることが判明しました。

それでは、HOMELANDの魅力をご紹介していきたいと思います。

1.出てくる固有名詞が実際のものと同じでリアリティがある

この海外ドラマの舞台は現代のアメリカで、イラク戦争アルカイダビンラディンなど、聞きなれたワードがそのまま登場します。そのため、現実感があり、ドキュメンタリー的な雰囲気を持っているので、ストーリーが頭に入って来やすいように思います。

2.主人公がとても個性的なキャラクターである

主人公のキャリー・マティソンは双極性障害を患っており、劇中でも病気に悩まされるシーンがあります。躁状態のときの演技は鬼気迫るものがあり、とても印象的です。私自身も精神疾患を患っているので、ある意味で親近感をもてます。

3.誰がテロリストなのかという推理も面白い

8年間イラクで拘束されて帰還したブロディ軍曹がこの海外ドラマのキーパーソンなのですが、果たして彼はテロリストなのか、それとも、国の英雄なのか、推理しながら見ることができるので面白いです。

 

とても緊張感があり、一気に見てしまう海外ドラマです。休日に見始めたら、あっという間に1日が終わってしまうと思いますよ!

スポンサーリンク