読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

新年一般参賀と天皇陛下の禅譲について

スポンサーリンク

今年も毎年恒例の新年一般参賀が催されましたね。

平成で2番目に多い人々が集まったそうです。

昨年は天皇陛下の譲位について、いろいろと話題になりましたね。

私は、陛下が譲位されることに賛成です。

私のようなゴミ虫が、そもそも陛下の御進退について賛成だの反対だの言うこと自体がおこがましいのですが、あえて言うなら、陛下の譲位に賛成です。

今上陛下は既に日本人男子の平均寿命を上回る御高齢であり、公務の軽減や解消について配慮すべきであると思います。

一般の日本人で、このような高齢になってまで、自分の意思と関係なく働かされている人は、ほぼいないでしょう。

陛下自身が終身天皇であることを望むなら、それでも構わないかとは思いますが、陛下自身が譲位をご検討されているのなら、国民としてはそれに従うべきかと思います。

個人的には、皇室の公務をもっと柔軟にして、あまり意味のない公務は削除し、皇室と日本の発展に寄与するような斬新な公務に差し替えていけば良いと思います。

 

天皇にとって退位とは何か

天皇にとって退位とは何か

 

 

スポンサーリンク