読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

睡眠が一番大切 快眠を促す便利グッズについてご紹介します。

スポンサーリンク

どうも、社蓄くんです。

日系平均株価は2万円近く、円安ではありますが、肝心の労働者の労働環境が悪化しては、景気も何もありません。

国家の大部分を占める労働者、サラリーマンが心身ともに健康で働くことが一番大切です。

定年も60歳から引き上げられそうですし、本当に、「生きている以上、働き続ける」という社会が到来しそうですね・・・。そうなれば、私のような弱い人間は生きていけるのか不安です。

 

さて、話は変わりますが、今日は快眠グッズについてご紹介したいと思います。

睡眠は人間において最も大切な生活習慣のひとつではないでしょうか。

一日の大部分の時間を睡眠に費やしますので、快適に睡眠が取れるようになることは、人生の質を高めるうえで、とても重要だと思います。

私が行っている快眠のためのメソッドについてご紹介します。

 

3.マスクをして寝る

私は寝るときは常にマスクをしています。

なぜかというと、マスクをすることで喉の乾燥を防ぐことができるからです。

喉が乾燥すると、目覚めたときに喉の痛みや不快感が増すように感じます。風邪の原因にもなるように思います。

そこで、できるだけ鼻呼吸になるように、マスクから鼻だけを出した状態で寝ることにしています。

そうすると、喉の乾燥も和らぎますし、睡眠中のよだれで枕が汚れることもありません。

(PM2.5対応)フィッティ お得用マスク ふつうサイズ 60枚入

(PM2.5対応)フィッティ お得用マスク ふつうサイズ 60枚入

 

 

2.耳栓をして寝る

睡眠中は耳栓が手放せません。

日本は住宅が密集しているので、生活騒音がとても多いです。

特に集合住宅などは、いろいろなところから四六時中音がしているという所もあるのではないでしょうか。

そこで私は寝るときは耳栓をするようにしています。

そうすることで、他人の生活騒音によって、目を覚ますことは減りますし、睡眠に集中することができます。

私のオススメの耳栓はこのMOLDEXです。

遮音性能が非常に高いため、多くの生活騒音をカットすることができると思います。

 

1.枕の下に柔らかクッション

年をとると低い枕だと寝苦しくなってしまいました・・・。

特に、食べてからすぐ寝るタイプの私は、低い枕で寝ると、胃酸が逆流してくるような気分の悪さを感じるときがあります。

そこで、枕の下に柔らかいクッションを入れて、少しだけ枕を高くすると、非常に快適になりました。

これは私だけかもしれませんが、最近寝苦しいな、と感じたら、枕の高さを調節してみると良いかもしれません。

私が使用している枕はAmazonに無かったのですが、ほぼ同じような商品がありましたので、ご紹介します。形と大きさは、およそこれと同じぐらいです。

 

睡眠の質が下がると翌日の生活にも影響しますよね。

快適な睡眠で、ストレス社会を乗り切りましょう!

スポンサーリンク