読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

社会に出てからは勉強よりも人付き合いの能力の方が大事な気がします

人生 会社

どうも、社蓄くんです。

私にも淡い学生時代がありました。

中学、高校時代は、健康児でしたので、近くにいる異性に淡い気持ちを常に抱いていました。

学生時代の思い描いていた将来と今のギャップ

あのときは夢と希望に満ち溢れていました

将来はそこそこの収入のある職業に就き、家庭を持ち、穏やかにすごすことができると信じていました。

特に、高校時代は県下でも良い方の進学校で、成績は上位、そして国立大学に進学しましたが、そこではトップの成績だったので、返済不要の奨学金をいただくことができました。

就職は大手に入社することができましたが、そこで挫折を経験しました。

人間関係、とくに年代の離れた人と関係を作るのが苦手であることを知りました。

学生時代の人間関係のメインは同級生、つまり年齢が同じ人間です。

しかし、社会人になると、いろいろな年代の人が集まっています。ジェネレーションギャップといいますか、年代が違うと考え方なども微妙に違います。

そこをコミュニケーション能力といわれる、「人と上手く付き合える能力」を持っていれば、人間関係で軋轢や摩擦が生じることはないのだと思いますが、残念なことに私はその能力を磨かずに大人になってしまいました。

こういう能力は幼少期からの家族・親戚との濃厚な付き合いや、学生時代の上下関係の厳しい部活動や、厳しいアルバイトの経験などを通して得られるものだと思います。

その経験がなく、ただ勉強ができただけ、という人は、会社に入ったときに苦労をするかもしれません。まさに私がそうだからです・・・。

f:id:baserockmedia:20170107112759j:plain

幼少期の経験こそが大人になってからの人生を決める

幼少期の経験は大人になってからも影響してくると、私は思います。

そのため、子供にはできるだけ集団のスポーツをさせたり、年の離れた親戚や同年代の子供たちと遊ばせて、人間同士の付き合いを学ばせた方が良いかもしれません。

最近の子供たちは、パソコンやスマホに囲まれて生活をしていると思います。

スマホがあれば、わざわざ会って話をする必要もありませんし、外で遊ぶよりも、パソコンやスマホでゲームをしていた方が楽しいかもしれません。

ただ、やはり会社という組織では、人間同士の付き合いをしていく必要がありますので、子供のときは人間同士の付き合いをしっかりと学んだ方が、後々の人生で有利に立てるのかもしれません。

会社に入れば、上司は自分よりも20歳以上年上、ということも有り得ます。

20歳も年齢が離れると、育ってきた時代背景が違いますので、考え方や価値観に大きなギャップがある可能性が十分にあります

例えば、私が入社した頃は、会社の飲み会に参加するのが当たり前、と言う風潮でした。

しかし、最近は無理に参加しないでも良い、と言うような風潮があります。

タバコやお酒に対しても、昔に比べて社会的な立ち位置が大きく変化しているように思います。

価値観が違う時代で育ってきた人間同士、考え方を以下にすり合わせて共生していくか、その技術はとても大切なことだと思います。

 

会社で役に立つ知識はそれほど難易度の高いものでは無い

会社に入ってから求められる知識や技術と言うのは、それほど高いものでは無い場合が多いと思います。

もちろん、理系の研究者や開発者、専門資格職には、高度な専門知識と技術が必要になってくると思います。

しかしながら、多くの職種において、結局は入社してから覚える知識の方が多いため、それをいかに効率よく身に着けていくかと言うことが大切ではないでしょうか。

学生時代の勉強で良い成績をとるためには、専門書を読んだり、しっかりと講義を聴くことで達成することが可能です。

しかし、社会人になれば、仕事の専門書や、親切な講義がいつもあるわけではありません。前任者や先輩から直接仕事を教えてもらったりと、人と付き合うことが重要なファクターとなってくると思います。

そもそも前任者がいない仕事ならば、いろいろな人からフォローされながら、自分の中で情報を統合し、仕事を解決する方法を確立していく必要もあるでしょう。

そのときに、人と関わる能力、人から物事を学ぶのが上手い能力が重要で、学生時代に学んだ知識はほとんど役に立たないという場合があります。

 

結論として、学生時代は勉学だけに拘らず、いろいろな人々と交流を持って、人間関係を円滑にするコツをしっかりと身に着けてから社会に出る方が良いと思います。

一流企業の面接では以下の点を聞かれることが多いので、これらの質問にしっかりと答えるのが内定を貰えるかどうかのポイントと、聞いたことがあります。

①学生時代に体育会系の部活に属していたか

②学生時代に勉強以外で特別な経験があるか

①は上下のある人間関係について免疫体制があるかどうか、②については、社会に適応できるかどうかのポテンシャルを見ているのだと思います。

私も就職で内定を勝ち取るために、上の2点を考慮しながら就職活動を行いました。

実際にサラリーマンとして働いてみて、確かに、これらの質問は的を得ているな、と痛感している日々を送っています・・・。

f:id:baserockmedia:20170109152356j:plain