読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

卵かけご飯を美味しく食べるには速度が重要

食品 食事 人生
スポンサーリンク

どうも、社蓄くんです。

私が大学生のとき、大学の近くにとても安い洋食屋がありました。

一食の価格は忘れてしまいましたが、確か500円ぐらいだったと思います。

値段のわりにボリュームが多く、味もかなり美味しいです。大学のすぐ横にあったので、客のほとんどはその大学の大学生というお店でした。

この店では平たいお皿にアツアツのご飯が盛られて出されます。

f:id:baserockmedia:20170116193011j:plain

これにオカズとして大きなトンカツとサラダが一緒になったお皿が一枚、出されるだけです。

ご飯が出されてから、オカズが出てくるまで、数分の待ち時間がありました。

また、生卵が無料で支給されていたので、私はいつも、ご飯が出てきたら生卵をその上にかけて、食べていました。

f:id:baserockmedia:20170116193042j:plain

ご飯の上の部分にくぼみを作り、生卵をその上に乗せます

ポイントは混ぜたりしないで、そのまま乗せることです。

(というのも、混ぜるための別皿がお店に用意されて無いので、そのまま卵をご飯の上に落とすしかなかったのですが・・・。)

f:id:baserockmedia:20170116193046j:plain

その後、しょうゆを卵のうえにかけます。

f:id:baserockmedia:20170116193049j:plain

あとはしょうゆがかかった部分だけを、卵と少し混ぜて、食べます

ぐちゃぐちゃにせずに、生卵の形がほとんど残っている状態で、しょうゆと絡めながら食べるのがポイントです。

ご飯はアツアツのままで、できるだけ早く食べるのが美味しく食べるコツなのかな、と思います。

混ぜすぎて生卵が泡立っているような、卵かけご飯は苦手です。

卵かけご飯の上に、虹色の泡がプクプク浮かんでいるのを見ると、若干食欲が下がります。

 

アツアツのご飯の上に、パカッと卵を落とし、醤油をサッとかけて、ちゃっちゃと食べてしまうのが、卵かけご飯のコツかな、と思います。

 

 

今年は酉年ですので、酉のイラストを描いてみました。

ニワトリくんです。

f:id:baserockmedia:20170116164931j:plain

今年はいい年になるといいなぁ・・・。