読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

道を聞かれて満足に答えられなかったときの後味の悪さ

スポンサーリンク

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

社蓄くんは、良く道を聞かれます。

ただ、コミュニケーション能力がとても低いので、満足に道を教えてあげられなかったことも多々あります。

そのときは、自分の無能さを痛感しますし、怒りと悲しみが頭の中でダンスを踊り始めます。

f:id:baserockmedia:20170228201400j:plain

(※このマンガはフィクションです)

道を訊いてきた人に、悪態をつかれたこともあります。

「もうええわ」と言って、不機嫌そうな顔をされて、去っていった人を数名記憶しています。

そういうとき、とても、自分の無能さを痛感しました。

最近は、スマホなどで簡単にナビ付きの地図を持ち運びできるので、道を訊いて来る人は減ったように思います。

 

本日もご覧頂き、ありがとうございました。

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

 

スポンサーリンク