読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

宝くじを買わないと不安になる人生

人生 生き方 社会 趣味
スポンサーリンク

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

社蓄の唯一の希望の星、宝くじは毎週欠かさず購入しています。

f:id:baserockmedia:20170310193216j:plain

(※このマンガはフィクションと思われます)

宝くじを買わないと不安になる

毎週、宝くじを買ってしまいます。

もはや、中毒なのかもしれません。

金額がたいしたことはありませんので、家計にはそれほど響きませんが…。

 

夢を追いかけることは、若者には可能ですが、社蓄くんのようなオッサンには、そのようなエネルギーはありません。

宝くじのように、買うだけで見れる、お手軽な夢で、精一杯なのです…。

 

宝くじのピークは買った直後と、当選確認の直前

宝くじを買ったことで、テンションがあがるタイミングは2回あります。

買った直後と、結果確認の直前です。

買った直後はテンションが跳ね上がり、「ヨッシャ!」(意味不明)ってなり、結果確認までは、じわじわとそのテンションは持続されます。

そして、当選番号が発表され、結果確認の直前にピークを迎えます。

「当たっていたら困る(謎のツンデレ)」

「ゴミクズみたいな人生を送ってきたんだから、そろそろ一発あるだろ(謎の自信)」

「当たっていなかったら自○する!!!(謎の自暴自棄)」

なんて、異常なことを考え始めます。

そして、ドキマギしながら当選を確認し、当たっていないことがわかると、まるで燃え尽きたマッチのような状態になります。

「良い事がひとつもない。おそろしくツマラン人生だ」

悲しい気持ちになります。

 

しかし、次の週にはまた買ってしまうのです…。

なぜなら…夢を見たいから…です。

 

本日もご覧頂き、ありがとうございました。

 

宝くじ入れ収納桐箱

宝くじ入れ収納桐箱

 

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp