底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

ピアノを習っていたら良かったと思うとき~思春期の記憶~

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

ピアノが弾けたら良かったのになあ、と思うことが、学生時代にはありました。

中学校の合唱コンクールの練習などで、ピアノを弾ける同級生には、憧れたものです。

ピアノを弾けるだけで、とても特別な存在に思えたものです。

 

f:id:baserockmedia:20170429120010j:plain

(※このマンガはフィクションです)

 

 

オッカさんはピアノを若干、弾くことができるので、オッカさんに頼み込んで、ピアノの練習をしました。

しかしながら、なかなか上達することはできず、結局、練習も辞めてしまいました。

そのため、同級生の前でピアノを披露することはありませんでした。

もし、あのとき、ピアノを弾けたなら、学生時代はもう少し楽しかったのかもしれない、と思うときがあります。

 

勉強も大事ですが、勉強以外のことを、何か一つでも、子供に身に付けさせることは、子供にとって、とても良い影響を及ぼすのではないかな、と思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp