底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

人間に生まれたことは良かったことなのだろうか?

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

おそろしい夢を最近見たので、マンガにしたいと思います。

f:id:baserockmedia:20170503212334j:plain

(※このマンガはフィクションです)

 

 

 

人間に生まれたことは良かったことか?

社蓄くんは、最近、ネコに生まれた方がよかったと思うときがあります。

なぜかというと、ネコはとても気楽に生きているように思うからです。

社蓄くんにとって、人間は難易度が高すぎました。

ネコぐらいがちょうど良かったように思います。

しかし、ネコはネコでも、野良ネコは厳しいです。

やさしくて美人なお姉さんに飼育されている、家ネコがいいです。

 

人間で生きていくことの難しさとは何か?

人生をハードモードにしている理由はなんでしょうか?

ちょっと考えてみました。

容姿が良くないので人当たりが悪い

人間はなんだかんだいって、外見で他人を判断しているような気がします。

特に初対面や、あんまり話したことが無い人がどういう人なのかを判断するには、外見が大きなウェイトを占めているのではないかと思います。

容姿が良いと優しくされる?

容姿が良い人は、それだけで他人から優しくされることが多いように思います。

容姿がそれほど良くなくても、愛嬌があれば、優しくされることもあると思います。

 

本当の意味で頭が良くないと失敗が多く、人生がハードに

学生時代のお勉強ができても、社会に出てから成功するとは限らないと思います。

社会で必要とされている頭の良さとは?

社会に出たら、コミュニケーション能力や、咄嗟のことに適切に対応する臨機応変能力、教えてもらったことを直ぐに覚える記憶能力が必要です。

じっくりと、机に座って自分のペースですることができた学生時代の勉強とは、大きな違いがあるように思います。

 

社会は責任や規則、義務が多く、思っている以上に自由度が少ない

人間社会は、よりより社会の実現のために、いろいろな法律や規則を作り、それにともなって、個々人に社会的責任を課していると思います。

社会の慣習と常識が生きるレールを決めてしまう

大人になったら結婚をしないといけない、良い会社に入り、結婚して、子供を育て、そうやって定年までしっかり働き、社会の歯車になる、それが普通だ。

というように、シナリオがあらかじめ用意されているので、このシナリオどおりに進まないと、社会から外れてしまったような気分になってしまいそうになります。

古くからある企業にはマニュアルや規約があふれかえっており、前例を踏襲しないと、上司に怒られてしまいます。

勝手なことをしてはいけない、周りに合わせて、完全に歯車になりきらないといけません。

ロボットのようになったほうが、生きやすい社会であるように思います。

 

人間に生まれてよかったと思うことも多い

人間社会は娯楽であふれかえっており、とても楽しいものもあります。

食べ物もいろいろあって、美味しいですし、挑戦できることもたくさんあります。

言葉で他人と会話をするのは楽しいですし、友人や家族とのふれあいはかけがえの無いものだと思います。

しかし、人間に生まれて、人間として育っているので、人間でいることが当たり前になっているから、こういう考えをするのであって、人間で生まれていなければ、そもそも人間に生まれてよかったとは思わないようにも思うので、何ともいえません。

 

人間に生まれてよかったと思いながら、今後どうするか

人間に生まれて、ここまで生きた以上は、人間として、生きることに精一杯になれればいいなと思っています。

社会のためになる、何か良いことができたらいいなと考えています。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp