底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

夢の中で言われた言葉は現実で一度言われたことがある言葉

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

夢の中で、誰かに何か言われたことはありませんか?

社蓄くんは、しょっちゅう夢の中で、何か言われています。

 

f:id:baserockmedia:20170425174939j:plain

(※このマンガはフィクションです)

 

昔、上司や親に言われた言葉を、夢の中で語りかけられる

印象に残っている言葉、衝撃的だった言葉は、普段は思い出せなくても、脳の深いところで眠っていて、それが、夢の中に発現しているのではないかと思っています。

人間が睡眠中に夢を見るのは、記憶を整理するためである、と以前に聞いたことがあるような気がします。

つまり、昔に言われて、記憶のゴミ箱に入れていたものが、最後に、完全に記憶から消していいのかどうかの確認のために、夢の中に出てきているのではないかと思います。

夢の中で、何十年も前に亡くなった祖父が、仏のような姿になって、「もうちょっと痩せろ」と語りかけてきたこともあります。

祖父は常に社蓄くんを見守ってくれていて、最近の、社蓄くんは年を取ってきているのに、ブクブクと太っているので、さすがに心配になったのかもしれません。

 

太っているといろいろと弊害があります。

ちょっと考えてみました。

 

太っていると困ること、辛いこと、悔しいこと

1.歩くとすぐに疲れる

太っていると、すぐに、ハァハア言いはじめます

身体がだるくなり、すぐに休みたくなります。

疲れると、休みたくなるのは普通ですが、デブはその欲求が尋常ではありません

 

2.他人に舐められる

ペロペロされるわけではありません。

太っているというだけで、残念なやつだ、という扱いを受けるような気がします。

珍獣扱いされて、会社の外部向けの催し物などでも狩り出されて、マスコット扱いをさせられます。

「食べるのが好きなんだろ?そうだろ?」

という謎の固定観念から、飲み会などの幹事をやたらと良くやらされます。

また、職場でお昼に注文している弁当の管理(集金や弁当屋さんへの支払いなど)も、食べ物つながりで任せられます。

 

3.健康上の問題が発生する可能性が

やはり成人病になるという不安はありますね。

特に怖いのが、糖尿病です!

糖尿病は、とても怖いです・・・。

糖尿病だけは、勘弁してほしいです!!!

おねがいします・・・・・・おねがいします・・・・・・。

 

ちょっとづつダイエットをしていきたいと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

あなたの人生を劇的に変える神さまのお告げ88の言葉

あなたの人生を劇的に変える神さまのお告げ88の言葉

 

 

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp