底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

目に見えないものは怖い、でも実際は大したことが無いことが多い

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

社蓄くんは休みの日に、近所を徒歩でブラブラするのが好きです。

いろいろな発見がありますからね。

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

 

小学生時代の通学路を久しぶりに歩いて感じたこと

先日、徒歩で通るのが久しぶりの道を歩いてみました。

この道は、小学校時代の社蓄くんの通学路でした。

おそらく、今も多くの小学生たちが通学路に使っていると思います。

当時に比べて、道路はとても狭く感じ、水がいっぱい流れて怖かった用水路も、ただの小さい溝のような感じがしました。

当時は学校とこの通学路、そして家が世界の全てだと思っていました。

大人になって感じるのは、世の中は、子供ころの自分が思っていたほど、ちゃんとしたところではなく、適当がまかり通る場所であり、つまらないことがいっぱいあるということです。

目に見えないことは、実際は全くたいしたことが無いことが多いです。

自分の心の中で、物事を大袈裟に捉えすぎなんだと思います。

子供のときは、大人の世界というのを見たことが無かったので、とても遠大で、膨大で、激しくて、機械のように精密な世界で、苦労に満ち溢れていると思っていましたが、それほどではありませんでした。(苦労には満ち溢れていますが・・・)

f:id:baserockmedia:20170420210446j:plain

 (※このマンガはフィクションです)

 

 

民家の塀の向こうから、攻撃的なイヌの声が聞こえてきました。

チキンな社蓄くんは、イヌの声ですらビビッてしまいます。

しかし、顔をヒョッコリ出したのは、ミニ柴でした。

とても可愛らしいイヌです。

そのイヌは顔を出し、社蓄くんの姿を見てからは、もう吠えませんでした。

イヌも、見知らぬ人間の足音が、怖かっただけなのかもしれません。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp