底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

かつて掃除機と呼ばれた男がいた

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

 

大学時代の社蓄くんは、『掃除機』と呼ばれていました。

友人たちと、焼肉の食べ放題に行くことがときどきあったのですが、その店には、肉の他にも、プリンも食べ放題でした。

 

f:id:baserockmedia:20170520204915j:plain

(※このマンガはフィクションです)

 

 

プリンを吸い込むように食べる姿に、友人たちは掃除機だ!といいました。

社蓄くんの場合、プリンは飲み物のように、全く噛まずに食べることが出来ます。

(※危険かもしれませんので、マネしないでください)

 

「チュッ!」

 

と吸い込んだかと思うと、もうプリンは消滅しています。

1個のプリンを食べるのにかかる時間は、約0.8秒だったと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp

easylife.hateblo.jp