底辺サラリーマンのほのぼの社蓄生活

生きるのに疲れた底辺サラリーマンが日々の雑記を記していきます。

生徒がうるさいと教卓を蹴り飛ばす教師

どうも、ほのぼの社蓄くんです。

 

f:id:baserockmedia:20170819232722j:plain

(※このマンガはフィクションです)

 

 

社蓄くんが通っていた中学では、授業が始まる前、朝に自習をする時間があったのですが、

真面目に自習などしている生徒は、ほんの一部で、大部分の生徒は友達とペチャクチャと話しをしていました。

 

それがあんまり酷いと、キレやすいことで有名な某先生が、

いきなり教室に飛び込んできて、教卓を蹴り飛ばします。

どうも廊下をウロウロして、うるさい教室が無いかチェックしているようでした。

 

社蓄くんが教卓の前の席だったとき、真面目に集中して自習していたのに、

これをやられたので、とてもビックリして、漏らしそうになりました(´・_・`) 

 

あの先生は元気にしているのでしょうか・・・

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。